福岡市早良区西新の矯正歯科
矯正について知りたいことを選んでね!

歯の生え方、年齢、普段の生活習慣などを考慮し、お一人ずつに合った装置をご提案します。
「やっぱり装置が目立つのは恥ずかしい」「費用のことも心配…」など、お悩みのことはご遠慮なくお聞かせくださいね。

矯正装置 特徴
ブラケット装置 歯の表面に「ブラケット」という写真のような装置を専用の接着剤で取り付け、それにワイヤーを通して歯を動かします。
最もよく使われる一般的な方法です。
歯の前面に取り付けるため、装置が目立ってしまいます。
しかし、最近ではカラフルなゴムタイプも出ています。
メガネでオシャレを楽しむように、矯正装置もオシャレ感覚で楽しんでくださいね。
どうしても目立つのはちょっと…という方には、透明のプラスチックやセラミックでできたものもあります。
接着剤で取り付けるため、自分で取り外すことができず、治療終了までずっとつけたままになります。
舌側装置(リンガルブラケット) 歯の裏側から取り付けます。口を開けても見えにくく、矯正しているとは気づかれません。

「口を開けたときに装置が見えるのは恥ずかしい」という方には、こちらをお勧めしています。
もっとも目立たない方法ですが、裏側に取り付けるので、装置に舌が当たるなど違和感は通常のブラケットよりも強く感じることがあります。
少しの歯の移動や、埋まって出てこない歯を牽引したり、奥歯が前に来ないように固定源を強化するために使います。

舌側孤線装置 ブラケット装置の補助的な装置として使用します。
奥歯に専用の接着剤で取り付けます。
接着剤で取り付けるため、自分で取り外すことができず、治療終了までずっとつけたままになります。
床装置(保定装置) 接着剤などで固定するものではなく、簡単にはめることができ、自分で取り外すことができます。 軽度な治療や、矯正が終わった後、新しい位置で歯が固定されるように一定期間使用します。
FKOマウスピースのようなタイプの装置で、夜寝るときに使用します。 主に成長期のお子様を対象に、上下の顎の位置バランスを改善する目的で使用します。
ヘッドギア奥歯が前にこないように、また少し後ろに動かしたい時に使います。 夜寝るときなどを中心に、おうちの中で使用します。
クリアライナー透明のマウスピースタイプの装置です。
ワイヤーなどを使用しないので目立ちません。
抜歯をしなくて済むような簡単な矯正に使用します。前歯を少しだけ…というような小児矯正で顎を広げる必要のある時や、 矯正が終わった後、新しい位置で歯が固定されるように保定の為一定期間使用します。
COBY新しい素材「ジルコニア・セラミック」を使用したブラケット装置です。治療が短期間で済み、白色で目立ちません。

最高の素材、ジルコニアセラミックでできています。
なので、
1、壊れにくい
2、安全素材
3、確実な取り付け、安心な取り外し
4、治療期間がより短期間ですむ
5、白色やパールの採用で、審美性に優れる
6、痛みや違和感が少ない
などの特徴があります。

coby_smile